プロフィール

Author:ogasawara
FC2ブログへようこそ!

訪問者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

☆学生実習☆

みなさんこんにちは!
薬学生担当の村中です(^∇^)ノ
毎日暑い日が続いていますが、夏バテなどしてないでしょうか?

学生さんはまだまだ夏休みも折り返し地点!という方が多いのではないでしょうか?
そこで、愛媛民医連の事業所では、長期休暇中の学生実習の受け入れを行なっています。

8月12日は薬学部4年生の奨学生が愛媛生協病院と松山ハロー薬局に実習に来ました!

愛媛生協病院では、実際に、患者さんが持ってきた持参薬のチェックや、一包化の作業などを体験させていただきました!
また、患者さんへの対応についても、先輩薬剤師の姿を見て勉強になった様子でした!

松山ハロー薬局では、実際に薬の味を確かめて、「苦い」と苦笑いを浮かべておりましたが、小児の薬にも苦い薬があることを知ったり、じゃあそれをどうしたら飲みやすくなるのか、などを考えながら仕事をしていることにとても感心している様子でした!

ぜひまた実習にお越しください( ^ω^ )
お待ちしております~~
スポンサーサイト

えひめ医系学生のつどい 他、夏の企画のお知らせ

みなさん、こんにちは!
愛媛民医連 薬学生担当の村中です(^-^)/

学生のみなさんは、テスト期間中でしょうか?
テストが終わったらいよいよ、夏休みですね(*≧∪≦)

民医連では、夏休み中の企画、実習の受け入れを行なっていますので、お気軽にお問い合わせください。

企画その①
えひめ医系学生のつどいin愛南町
日時:8月27日(土)13:00~28日(日)19:30

↓↓↓↓詳細はこちら↓↓↓↓
2016 えひめつどい夏チラシ 最新版

愛媛の医学生・薬学生・看護学生がつどい、学習・交流します♪
愛南町の美味しいお魚も食べられるかも!



企画その②
薬学生夏のつどい 2016
ハンセン病療養所をたずねて
医療者の原点を見つめる
日時:9月3日(土)13:00~4日(日)12:00
場所:国立駿河療養所(静岡県御殿場市神山)
宿泊:御殿場高原 時之栖

↓↓↓↓詳細はこちら↓↓↓↓
東海北陸地協企画


夏休みの時間を有意義に使って、いろんな人と交流し、いろんな学習をしてみませんか??

参加者大募集中です!!

詳細は、愛媛民医連 薬学生担当 村中まで
メール:sakai-mg@ehime-med.org

6月の奨学生会議

こんにちは!
薬学生担当の村中です(^∇^)ノ

夏!暑い!寝苦しい!という季節ですね。
皆さん体調管理にお気をつけてお過ごしください。

さてさて、薬学生奨学生会議を6月24日に開催しました♪
今回のテーマは、『薬害』についてです。
新居浜協立病院の薬剤科長 石井亮さんを講師に薬害について学習をしました。

過去に起きた薬害について、自分がなぜ薬害に本気で取り組むようになったのかなど熱心に語っていただきました。主には、“子宮頚がんワクチン”の被害について時間を割いて学習をしました。重篤な副作用の出現率はおよそ10万分の4。主に歩行障害や記憶障害といった副作用が出現しています。中には将来、薬剤師になりたかったという子も。突然、字が読めなくなり、将来の夢を諦めた子もいるとのことなどを知り、衝撃を受けました。薬害がなくなるように、薬害が起こっても早い対処ができるように訴えていくことも、民医連で働く薬剤師にできることです。 くすりには、2面性があります。病気の治療に必要であるという1面と、製薬企業に対しては、もうけの手段であるという1面です。この2面性が崩れ、もうけを優先しようとしたとき、薬害は起こります。
 薬害には、産(製薬企業)・官(国)・学(大学等)の利益の癒着構造があり、副作用情報は隠され、被害は軽視される傾向があります。しかし、民医連の薬剤師には、被害者の話に耳を傾け、問題を明らかにする力があります。
 薬害根絶デーは毎年8月24日です。23日~24日に、集会や行動が予定されています。是非一緒に薬害根絶デーに参加しませんか?

薬害根絶デー

薬害根絶デー知っていますか??

こんにちは♪(/・ω・)/ ♪
愛媛民医連 薬学生担当の村中です。

突然ですが、みなさん、薬害根絶デーっていつかご存知ですか?

それは、、、、8月24日 なんです。

なぜ、8月24日なのかというと、
1999年8月24日、当時の厚生省が、薬害エイズを反省し、再発防止を決意して「誓いの碑」を庁舎前に建立しました。
その翌年から、8月24日を「薬害根絶デー」として、薬害の根絶と迅速かつ的確な救済を願い、被害者と市民が一つになって訴えていく日となっています。

そして、今年も、第17回 薬害根絶デーが開かれます。

私たち、愛媛民医連も、毎年この活動に参加しています。

企業の利益第一主義から生まれた悲惨な薬害、それを黙認しつづけた国。
人の命を一番に優先して欲しい。そんな企業に、省庁に、国になってほしいと願います。

今まで、どんな薬害があったのでしょうか?
代表的なものを挙げてみます。

・サリドマイド事件
・アンプル入り風邪薬事件
・スモン(キノホルム)事件
・薬害エイズ
・薬害肝炎
・子宮頚がんワクチン


名前は聞いたことがあるけど、どんな被害があったのか分からない…
どんな薬害だったの?なんで起こったの?など、
疑問を解決しませんか?

次回、6月24日(金)18:00~20:00
清水公民館1階会議室(松山大学近くの公民館)にて、
薬害について学習します。
講師は、新居浜協立病院 石井 薬剤師さんです!

興味のある方は是非来てくださいヾ(o´∀`o)ノ

8月23日~24日には、東京で「薬害根絶デー」が行なわれます!
こちらにも、参加してみませんか?

5/14-15中四国医系学生のつどい

こんにちは!
薬学生担当の村中です( ̄^ ̄)ゞ

5月14日(土)~15日(日) 鳥取県米子市にて、 中四国医系学生のつどい が開催されました!!
愛媛から、薬学奨学生が1名参加しています。

今回のテーマは「チーム医療・多職種連携」
将来、医療従事者となる学生にとって、どのように他職種連携をしていくのかは、興味のある分野ですね。

現在、国は「地域包括ケアシステム」を打ち出しています。
医療や介護分野に限らず、地域住民や包括ケアセンター、自治体など総合的な連携が求められる今、医療従事者として、薬剤師として、どのような役割が生まれてくるのか、考えるきっかけになったのではないでしょうか?


地域包括ケアシステムには問題点も多く指摘されています。
制度をうのみにするのではなく、より良い制度へ変えていけるようにできるのも、現場で働く私たち医療従事者だと思います。
今後も、声を上げ、より住みよい地域になれるように努力していきたいと思いました。

年に1度は開催されるので、来年も多くの薬学生が参加してくれるように、私もがんばります( ̄^ ̄)ゞ

中四国医系学生のつどい