プロフィール

Author:ogasawara
FC2ブログへようこそ!

訪問者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

薬学生実習

こんにちは!
薬学生担当の村中です!
9月も早いものでもう中旬に入ろうとしていますが、季節の変わり目、みなさん風邪などひいていないですか?

9月7日に、新居浜協立病院と若水ハロー薬局で薬学奨学生の2名の実習を行ないました。
どちらも2年生ということで、薬に関する知識はこれから勉強…というところでしたが、今後の学校での勉強に役立つような実習ができたのではないでしょうか。

またのお越しをお待ちしています(^∇^)ノ

P1060235.jpg
スポンサーサイト

薬学生夏のつどい2016 in 静岡

みなさんこんにちは
薬学生担当の村中です(^-^)/
早いものでもう9月に入りました。

薬学部の学生さんたちは、まだ夏休みですね♪
もしくは、もう実習が始まっている人もいますでしょうか?

夏休みを利用し、民医連では学生向けの企画が開催されています!

今年の夏は、全日本民医連東海北陸地方協議会、
略して 東海北陸地協の薬学生の夏のつどいに参加をさせていただきました!
2016年9月3日~4日の2日間、学生17名、職員25名が参加しました!

テーマは、
ハンセン病療養所をたずねて 医療者の原点を見つめる

開催場所は、静岡県御殿場市!!

1日目は、駿河療養所という、ハンセン病の療養所にて、入所者の小鹿さんと、長年支援をつづけてきた静岡健生会専務の高橋さんの2名からお話を伺いました。

IMG_4073.jpg

戦中・戦後、日本の衛星環境の悪さや食糧不足から免疫力の低下した子どもを中心に多く発症した”ハンセン病”
国は感染力の強い病気として、長年隔離政策をとっていました。

バスで駿河療養所へ。山奥に位置しており、隔離されていたということを地理上からも感じました。感染症ではあるが、感染力はとても低く、遺伝でもないことが国際的にも明らかになっていたのに、国や医療者側は隔離政策を辞めずにずっと人権侵害をしていた事実におかしい!と怒りを覚えました。
国の言うことは正しいわけではない。薬害エイズなどにも通じる問題だと感じます。


IMG_4096.jpg

フィールドワークでは療養所内にある納骨堂や解剖室などを実際に見ました。死んで初めて本名を語れるという話をきき、悲しくなりました。
ハンセン病はその後遺症や、過去に国の政策で隔離され、怖い病気だという印象を植え付けられたからか、今でも根強い差別が残っています。
ハンセン病が治る病気だということや、感染力は非常に弱いという正しい知識を身に付け、周りに伝えていくことが大事だと感じました。

IMG_4191.jpg


2日目は、ポリファーマシー事例検討会~患者さんにとって本当に必要な薬とは~
と題した学習会&ワークショップを行ないました。

ポリファーマシーとは、『必要以上に薬を飲んでいて、薬による有害な事象が起こりうる(起こっている)状態』をさします。
その問題点、なぜ起こるのか?などについて学習をしました。
また、実態調査の報告もあり、高齢者に多くみられること、消化器系の薬や降圧剤などが多く処方されているケースが多いことなども知りました。

ワークショップでは、モデルケース(85歳女性・2医療機関から計19剤処方されている)を元に、いろいろな情報を合わせながら、どの薬はいらないのか、または減量できるか、別の薬に変えられるのかをグループで話しあいました。

IMG_4204.jpg

難しかったですが、現役の薬剤師さん、薬学生さんが一緒になって、わいわいと話ができて、とても楽しく、勉強になりました!

愛媛にも持ち帰って、やってみないなぁ~と思っています。

とっても楽しい2日間でした(*´∀`人 ♪

☆学生実習☆

みなさんこんにちは!
薬学生担当の村中です(^∇^)ノ
毎日暑い日が続いていますが、夏バテなどしてないでしょうか?

学生さんはまだまだ夏休みも折り返し地点!という方が多いのではないでしょうか?
そこで、愛媛民医連の事業所では、長期休暇中の学生実習の受け入れを行なっています。

8月12日は薬学部4年生の奨学生が愛媛生協病院と松山ハロー薬局に実習に来ました!

愛媛生協病院では、実際に、患者さんが持ってきた持参薬のチェックや、一包化の作業などを体験させていただきました!
また、患者さんへの対応についても、先輩薬剤師の姿を見て勉強になった様子でした!

松山ハロー薬局では、実際に薬の味を確かめて、「苦い」と苦笑いを浮かべておりましたが、小児の薬にも苦い薬があることを知ったり、じゃあそれをどうしたら飲みやすくなるのか、などを考えながら仕事をしていることにとても感心している様子でした!

ぜひまた実習にお越しください( ^ω^ )
お待ちしております~~

えひめ医系学生のつどい 他、夏の企画のお知らせ

みなさん、こんにちは!
愛媛民医連 薬学生担当の村中です(^-^)/

学生のみなさんは、テスト期間中でしょうか?
テストが終わったらいよいよ、夏休みですね(*≧∪≦)

民医連では、夏休み中の企画、実習の受け入れを行なっていますので、お気軽にお問い合わせください。

企画その①
えひめ医系学生のつどいin愛南町
日時:8月27日(土)13:00~28日(日)19:30

↓↓↓↓詳細はこちら↓↓↓↓
2016 えひめつどい夏チラシ 最新版

愛媛の医学生・薬学生・看護学生がつどい、学習・交流します♪
愛南町の美味しいお魚も食べられるかも!



企画その②
薬学生夏のつどい 2016
ハンセン病療養所をたずねて
医療者の原点を見つめる
日時:9月3日(土)13:00~4日(日)12:00
場所:国立駿河療養所(静岡県御殿場市神山)
宿泊:御殿場高原 時之栖

↓↓↓↓詳細はこちら↓↓↓↓
東海北陸地協企画


夏休みの時間を有意義に使って、いろんな人と交流し、いろんな学習をしてみませんか??

参加者大募集中です!!

詳細は、愛媛民医連 薬学生担当 村中まで
メール:sakai-mg@ehime-med.org

6月の奨学生会議

こんにちは!
薬学生担当の村中です(^∇^)ノ

夏!暑い!寝苦しい!という季節ですね。
皆さん体調管理にお気をつけてお過ごしください。

さてさて、薬学生奨学生会議を6月24日に開催しました♪
今回のテーマは、『薬害』についてです。
新居浜協立病院の薬剤科長 石井亮さんを講師に薬害について学習をしました。

過去に起きた薬害について、自分がなぜ薬害に本気で取り組むようになったのかなど熱心に語っていただきました。主には、“子宮頚がんワクチン”の被害について時間を割いて学習をしました。重篤な副作用の出現率はおよそ10万分の4。主に歩行障害や記憶障害といった副作用が出現しています。中には将来、薬剤師になりたかったという子も。突然、字が読めなくなり、将来の夢を諦めた子もいるとのことなどを知り、衝撃を受けました。薬害がなくなるように、薬害が起こっても早い対処ができるように訴えていくことも、民医連で働く薬剤師にできることです。 くすりには、2面性があります。病気の治療に必要であるという1面と、製薬企業に対しては、もうけの手段であるという1面です。この2面性が崩れ、もうけを優先しようとしたとき、薬害は起こります。
 薬害には、産(製薬企業)・官(国)・学(大学等)の利益の癒着構造があり、副作用情報は隠され、被害は軽視される傾向があります。しかし、民医連の薬剤師には、被害者の話に耳を傾け、問題を明らかにする力があります。
 薬害根絶デーは毎年8月24日です。23日~24日に、集会や行動が予定されています。是非一緒に薬害根絶デーに参加しませんか?

薬害根絶デー