プロフィール

ogasawara

Author:ogasawara
FC2ブログへようこそ!

訪問者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

中四国医系学生のつどい

5月27日~28日、全日本民医連中四国地方協議会主催の中四国医系学生のつどいが松山市道後で開催されました。テーマは「災害医療~災害時のいのちと人権について考える~」でした。中四国から医学生42名、薬学生5名、看学生5名、その他学生7名の59名が集まりました。
 記念講演は、熊本地震を体験した、熊本民医連くわみず病院の松本久先生。南阿蘇市に自宅があり、熊本地震時、南阿蘇市にて医療支援を続けた先生です。熊本はもともと地震のない県だというPRをしていたそうです。しかし、震度7の地震がおきてしまいました。災害に対する備えも十分ではない中、避難所内では嘔吐下痢症の集団感染が起きたそうです。理由は、みんな地震がきてもすぐに逃げれるように、土足で避難所内で過ごしていたから。その足でトイレに行き、また避難所内に戻り、を繰り返していくうちに、感染が広まったそうです。また、メディアではノロウイルス感染27人と報道されたが、実際は3名しかいなかったという話も印象的でした。メディアの報道の何を信じるのか、考えなければならないと感じました。
 また、熊本地震の時には、全国から多くの支援があり、改めて全日本民医連の強みを感じたとおっしゃっていました。
 災害が起きた時、自分たちはどのような行動をとれるか、どのような対策が必要なのか、考えさせられる講演でした。今、日本は地震の活動期に入ったといわれています。南海トラフ地震に備え、日々過ごすことが大切だと感じました。

 2日目は災害支援に参加した方々の報告がありました。
 各職種別(医師・看護師・事務)に報告してもらいました。それぞれに役割があり、時には想像していた役割は与えられないこともある、ということを学びました。災害支援に行く時期によって、できる支援内容が変容していくことも学びました。学生だから何もできない、ということはないんだという感想も出ており、今後災害が起きた時に、支援に行ってみたいという学生もいました。

 2日間を通して、災害医療とは何か、想像でき、備えることができたのではないでしょうか?

図1

スポンサーサイト

4月の奨学生会議

こんにちは!
薬学生担当の村中です。

4月24日、薬学生の奨学生会議を開催しました。

学生3名と薬剤師1名が参加し、気になることを調べて持ち寄りました。

学生それぞれ、①血の色について ②ポリファーマシーについて ③製剤学について
を調べて、発表してくれました。

私も知らないことばかりで勉強になりました!

今週末には中四国医系学生のつどいが松山で開催されます。
テーマは『災害医療』です。
医療に携わるものとして、どんな備えが必要か、どんなことができるのか、勉強してきたいと思います(^-^)/

4月☆新年度スタート

4月に入り新しい年度がスタートしましたね♪
遅ればせながら、ご挨拶いたします。

新1年生、新社会人の方は、新生活になれてきたころでしょうか?

*****************************************************
さて、愛媛民医連では、薬学生の奨学金制度を設けております。

金額 50,000円/月となります。

興味のある方は1度お問合せ下さい♪(/・ω・)/ ♪
*****************************************************

近畿地協 薬学生セミナー

こんにちは!
薬学生担当の村中です

3月11日~12日、全日本民医連に加盟する近畿地方の事業所が中心となり、薬学生セミナーを京都にて開催しました。
近畿地方のみならず、中国・四国地方にも参加の呼びかけがありましたので、愛媛から、学生3名、職員2名で参加してきました。

学生は全体で20名、職員も20名の計40名で行われました。

セミナー内容は以下の通りです

1日目
・講演「民医連の薬剤師活動について」
・先輩薬剤師からの報告
① 新人研修を受けて(奈良民医連)
② 在宅活動(兵庫民医連)
③ 病院薬剤師の活動(大阪民医連)
④ 熊本災害支援(京都民医連)
・講演「薬害―HPVワクチン訴訟について学ぶ」
・グループワーク

2日目
・講演「民医連医師として、薬剤師・薬学生に期待すること」
・グループワーク

参加した学生からは、
・民医連の薬剤師は、つながりを大切にして、地方や全国の職員で患者に寄り添った医療の実現のため、日々楽しみながら仕事している様子が伝わってきた。
・薬害の講演を聞いて、国が推奨していたら、安全だと思ってしまう。一般人ならなおさら。ワクチン接種の効果が不明なまま投与するのはとても恐ろしいことだと思った。
・いろいろな県の学生と交流できて楽しかった

など感想が寄せられました。

薬学生セミナー

帰りは、清水寺を観光しました(*´∀`人 ♪
近畿地協のみなさん、お誘いいただきありがとうございました♪

医療福祉活動交流集会

みなさんこんにちは!
薬学生担当の村中です。

2月11日(土)に、愛媛民医連の「医療・福祉・活動交流集会」が開催され、薬学生3名が参加しました。

午前中の記念講演は、「写真が語るフクシマ」と題し、フォトジャーナリストの豊田直巳さん。
長年、紛争地域などの現状を伝えてこられ、福島原発事故後はフクシマの写真を撮り続けている方です。

はじめに、イラク戦争の被害の写真を見せていただきました。
劣化ウラン弾による健康被害、激しい戦闘など、今の日本では考えられないことが、同じ時代に、地球上で起きていることに衝撃をうけました。
フクシマの現状については、特に除染をテーマに熱く語っていました。
莫大な費用をかけて、除染をしていますが、実際に儲かっているのは、大手ゼネコン、建設会社。
除染したら、確かに線量は減るが、また雨や雪が降れば元に戻る。除染した土などは、黒い袋に入れられ、仮置き場に積み上げられている。それより、福島の子どもたちへの健診費用や、避難者への支援など、ほかにお金の使い道はたくさんあるのに、なぜ企業が儲かることばかりしているのか、疑問に思いました。
除染作業だって、被爆します。被爆しているのは、一般市民、日雇いの労働者です。

日本政府には、被災者に寄り添った政策を実施してほしいと思いました。

また、伊方原発で事故が起これば・・・と身近に考えるよい機会となりました。

午後からは各分科会に分かれて、職員や組合員さんの発表がありました。
それぞれの取り組みを知れて、よい機会となりました(^-^)/