FC2ブログ
プロフィール

ogasawara

Author:ogasawara
FC2ブログへようこそ!

訪問者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬学奨学生会議を行ないました。

 5/24(木)18:30~愛媛生協病院 薬剤科にて奨学生会議を開催し、今回は松山大学の学生3名の参加でした。
 二神薬剤師が講師になって、『配合変化』について学習しました。愛媛生協病院の概要やインシデント、配合変化が起こる理由を紹介した後、薬を使って実際に配合変化を起こして見ました。「酸性と塩基性の薬を混ぜると結晶が析出する」「配合変化が死に繋がることもある」といった話を聞きながら、薬を混合し、結晶化が起こった瞬間は「おー!」という声が上がりました。実際に目で見たことはいい経験になり、今後の学習にも繋がるのではないかと思います。


キャプチャ1

キャプチャ2

キャプチャ3

キャプチャ4

みんなでお弁当を食べながら交流した後には、山本薬剤師から『老年薬学会に参加して』の報告があり、高齢者の体の状態やどうしたら誤嚥が防げるのかといったお話をしてもらいました。

キャプチャ5

<学生の感想>
・実際の薬を使って配合変化が見れてよかったです。
・初めてアンプルを折りました。配合注意、禁忌の薬剤の実験は、とても面白かったです。
・食後に薬を飲むと、喉にひかかって潰瘍になることがあることをはじめて知りました。
・学会での話も興味深かったです。薬剤師としてできることは、いろいろな視点で考えられているんだなと思いました。




スポンサーサイト

薬学生の学習会を行いました。

 4/26(木)18:30~愛媛生協病院 会議室にて薬学生の学習会を開催しました。松山大学 薬学部の学生2名 、職員が3名、計5名の参加でした。
 今回も二宮薬剤師が講師になって、『内分泌系について』を学習しました。「バセドウ病の治療薬で重大な副作用があるから注意して」「甲状腺機能異常症の症状は覚えておいてね」など要所要所で重要な箇所を丁寧に説明していきました。疾患から薬の作用を考える学習はとてもわかりやすかったと思います。

キャプチャ2

キャプチャ3


奨学生会議「眼疾患と点眼薬について」

 1/25(木)18:30~愛媛生協病院 薬剤科にて奨学生会議を開催しました。残念ながら学生は1名のみの参加でした。
 今回は、二宮薬剤師がはじめて講師になって、得意分野とする『眼疾患と点眼薬について』を講義しました。最初は緊張しながらも「眼には何の病気が多い?」と学生に質問しながら、「試験によく出る眼の病気を勉強しよう!」と3つの疾患の説明をしました。
 まず白内障は、どういう病気で、どういった治療法(手術)があるのかを説明した上で、術後に用いる点眼薬は3種類で、入れる順番があるのですが、「理由はわかる?」と時々、質問を入れていました。 
 また、患者さんへの点眼薬の服薬指導の仕方や目薬の点し方の説明や上手な点し方法を実演しながら説明しました。点眼薬の大事さも伝わったと思います。
  次に緑内障と加齢黄斑変性症の疾患も原因や見え方の違いを写真で説明し、「見え方の違いはCBTのテストに出たよ」とアドバイスしました。
  二宮薬剤師の話は、学生にとって、とてもわかりやすい説明だったと思います。先輩薬剤師さんから突っ込まれながら、笑いもあり和やかな時間でした。

    キャプチャ1

 講義後、簡易懸濁法の実験をしました。使用期限が切れた薬を 利用して、錠剤やカプセルを温湯で崩壊・懸濁させ、どれくらいの時間や溶ける様子には、興味深々でした。

  キャプチャ2




奨学生会議 「眠剤の話」

11/30(木)18:30~愛媛生協病院 会議室にて、奨学生会議を開催しました。学生1名、職員2名が参加し、愛媛生協病院 二神薬剤師を講師に、「眠剤の講座」を行いました。
 二神薬剤師から「不眠症の生涯有病率は何人に1人だと思う?」「レム睡眠とノンレム睡眠の割合は?」「眠剤の薬の名前は?」など、質問を投げかけながら、まずは「不眠症」について学習していきました。不眠症の基準や睡眠のメカニズム、効率のいい睡眠など、大学ではあまり学ばなかった事も聞けて、学生は勉強になったようです。
 本題に移り、薬がどう体に作用するのか、副作用、禁忌など薬の特徴の詳しい説明がありました。また「薬の名前の特徴は~ゾラム、~ゼパムで終わる薬が多いから覚えやすいよ」と経験を生かしたアドバイスもありました。
 学生にとって、大学で習った事の復習にもなり、疾患から考える事で、薬と症状を結びつけて学べたのがとてもよかったと思います。

    キャプチャ3
    キャプチャ1

 講座後、使用期限が切れた薬剤を使って、「混注」を2種類の薬剤を混ぜ合わせて作りました。実際の注射器を使っての作業で、注意が必要でとても難しかったようです。薬剤師の業務を一つ貴重な経験ができました。
 事務担当者もやらせてもらいましたが、不器用なのが、すぐわかってしまいました。(>_<)

    キャプチャ2



☆奨学生会議のお知らせ

こんにちは
村中ですヽ(´∀`)ノ

10月に入ってもまだまだ蒸し暑いですね。
台風も9月以降たくさん発生!!
ここ最近の異常気象には充分気をつけないといけないですね。

私の生まれ故郷は長崎県の五島列島というところで、夏はほぼ毎年台風が直撃している所でした(笑)
裏の山が崩れたり、外にでるとおっきな石が山から転がってきていたり・・・
停電したり・・・ いやぁ~いい思い出です。

愛媛に来て、一番びっくりしたことは、
家の窓に、雨戸(あまど)がついていないことだったなぁ~ なんて思いだします(*´v`)
台風来たらどうすんだこれ~と思っていたら、
あら不思議、愛媛はなんと!石鎚山が台風から守ってくれるなんて素敵!

と、話がそれました(^_^;)

学生のみなさんは、夏休みが終わり、本格的に学校がスタートしました方が多いのではないでしょうか。
後期も引き続きがんばってください!

さてさて、10月も薬学生奨学生会議を開催します!

日時:10月28日(金)18:00~20:00
場所:松山大学カルフール 3階会議室1

内容は、『服薬指導の模擬実践』です!
愛媛医療生協で模擬患者として活躍している組合員さんをお招きしてロールプレイングを行ないますので、是非参加しませんか?

奨学生以外の学生も参加できます(^-^)/

お気軽にお問い合わせください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。