FC2ブログ
プロフィール

ogasawara

Author:ogasawara
FC2ブログへようこそ!

訪問者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

奨学生会議を開催しました!

6月27日(木)に4月から新しく奨学生になった4年生を含む学生2名+職員4名で奨学生会議を開催しました。今回のテーマは、「糖尿病」。
 まず初めに、現役薬剤師のレクチャーで空腹時血糖を自分で測定。穿刺器具の取り扱いが初めての学生さん、穿刺針の深さやどの指のどのあたりを刺すと痛くないか?などなどあれこれ相談しながら、ドキドキして穿刺。血液をチップに吸入して測定します。全員正常値で一安心。測定後は食後血糖値を測るために、今回は先にお弁当を食べました。実習中の学生さんからは実習の様子や、「学校薬剤師」の業務の話で交流しました。
 食後は、インスリンの使用方法の実技です。消毒、注射針の取り付け方、空打ちの方法、単位数の設定の仕方など一通り教わった後、おなかの皮膚の模型を使って実際にインスリンを打ってみます。
 次に、模擬処方箋を使って「間違い探し」。くすりの作用を調べたり、薬剤師にヒントをもらったり、奮闘しますがなかなかの難問(?)で正解にたどり着けません。すこし意地悪な問題でした。
 その後は、お待ちかねの「血糖測定」。食後約1時間で50mg/dL前後上昇していました。残念ながら、模擬患者への服薬指導も予定していたのですが、時間オーバーで終了。次回テーマのリクエストも出ましたので、また楽しくてためになる企画を計画していきます!
IMG_1117 1
スポンサーサイト



奨学生会議を新居浜協立病院で開催しました!

6月3日(月)に学生2名+職員10名で奨学生会議を開催しました。今回は、東予の地元に帰省して実習中の5年生2名に合わせて、“初めて”会場を新居浜協立病院にて行いました。協立病院薬剤科のプチ見学会+石井薬剤師の「民医連薬剤師の歴史と役割~愛媛県連薬剤師集団として~」と題した講演+懇親会というメニューでした。
 講演では、民医連とHIVや肝炎などの薬害の取り組み、民医連の掲げる「無差別・平等」の医療の実践で無料低額診療に取り組んでいること、振動病の認定や点数化される前から在宅医療を行ってきた歴史、いのちを守る立場から、戦争や戦争につながる基地問題、改憲に反対すること、などを語っていただきました。                       
 講演の後は、近所の居酒屋さんで懇親会。病院と調剤薬局での実習の様子や研究室の話題で、数年先輩からン10年の先輩の経験なども交えて盛り上がりました。週の最初の月曜日で学生も職員も翌日以降の体調のこともあり、オーダーストップ前に真っ赤な顔をした一部の参加者を除いて解散しました。

IMG_1095.jpg
IMG_1096.jpg

パーキンソン病とてんかんの病態について勉強会

 今回の奨学生会議は松山大学の学生2名と松山ハロー薬局から1名、愛媛生協病院から3名の薬剤師が参加しました。
 学生から「中枢神経系の疾患」のについて希望があり、今回は「パーキンソン病」「てんかん」の病態について勉強しました。てんかんでは、発作が原因で重大な交通事故となったニュースを取りあげ病気の怖さを知りました。またてんかんの概念・分類などの講義がありました。パーキンソン病では、脳の断面図を見ながら、どこの異常で伝達異常になっているのか、症状の三大主徴(無動・固縮・振戦)など講義した後、国試で出そうな問題を○×の選択形式で出題し回答してもらいました。 
 薬剤師から「まずは、何について聞かれているか問題を読む」などアドバイスをしてもらいました。
 学生からは、「苦手な分野についてすごく分かりやすく頭の中で習ったことを整理することができた」と感想がありました。 

キャプチャ2

キャプチャ3

       

実務実習の報告とアレルギー性鼻炎の勉強会

 今回は松山大学の学生3名と、来春より薬学部へ進学が決まった高校3年生1名と松山ハロー薬局から2名、愛媛生協病院から3名の薬剤師が参加しました。
 はじめに、5回生から実務実習が終了したタイミングだったということもあり、実習報告をしてもらいました。主に薬局実習についての報告で、異なる3店舗を回り、それぞれの特徴を経験してきたようです。実務実習は、薬剤師の働く姿を長期で見る事が出来る貴重な時間なので、経験したことを忘れないように、将来現場に立った時に色々を思い出して活かしてほしいと思います。
 次に学生から希望があった「アレルギー性鼻炎」について、先輩薬剤師より、スギ花粉の減感作療法の症例報告とアレルギーの概要・薬剤師として抗アレルギー薬の注意すべき点の講義がありました。苦手な範囲だった事もあり、学生からはあまり質問が出てこなかったですが、「これから国家試験に向けて勉強していく上では外せない範囲なので、しっかり勉強していこう」と薬剤師からアドバイスをしてもらいました。 
 その後の夕食交流会では、先輩薬剤師の学生時代の話や大学のカリキュラムなどいっぱい聞けていたようで高校生も春からの大学生活に胸を膨らませていたようでした。

キャプチャ1

キャプチャ2

キャプチャ4


スポーツ交流会をしました!

 11月7日に薬学生2名、薬剤師他7名で、東温市にあるツインドームにて「バドミントン交流会」をしました。くじ引きでペアを決め、ダブルス形式の対決でした。冬も近づき、肌寒くなってきましたが、みんな汗をかくほど熱中し、とても楽しい時間でした。途中休憩をはさみながら1時間ほど動き、親睦も深まりました。
 その後、みんなで食事をしながら交流しました。学生に大学生活の様子や実務実習の感想、また、CBT、OSCEの勉強状況などについて聞き、薬剤師からアドバイスをしました。とても有意義な時間となりました。話が尽きず店が閉店となり惜しみながら帰りました。
                                                                       薬剤師 二宮
キャプチャ1

キャプチャ2

キャプチャ3