プロフィール

ogasawara

Author:ogasawara
FC2ブログへようこそ!

訪問者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

医療福祉活動交流集会

みなさんこんにちは!
薬学生担当の村中です。

2月11日(土)に、愛媛民医連の「医療・福祉・活動交流集会」が開催され、薬学生3名が参加しました。

午前中の記念講演は、「写真が語るフクシマ」と題し、フォトジャーナリストの豊田直巳さん。
長年、紛争地域などの現状を伝えてこられ、福島原発事故後はフクシマの写真を撮り続けている方です。

はじめに、イラク戦争の被害の写真を見せていただきました。
劣化ウラン弾による健康被害、激しい戦闘など、今の日本では考えられないことが、同じ時代に、地球上で起きていることに衝撃をうけました。
フクシマの現状については、特に除染をテーマに熱く語っていました。
莫大な費用をかけて、除染をしていますが、実際に儲かっているのは、大手ゼネコン、建設会社。
除染したら、確かに線量は減るが、また雨や雪が降れば元に戻る。除染した土などは、黒い袋に入れられ、仮置き場に積み上げられている。それより、福島の子どもたちへの健診費用や、避難者への支援など、ほかにお金の使い道はたくさんあるのに、なぜ企業が儲かることばかりしているのか、疑問に思いました。
除染作業だって、被爆します。被爆しているのは、一般市民、日雇いの労働者です。

日本政府には、被災者に寄り添った政策を実施してほしいと思いました。

また、伊方原発で事故が起これば・・・と身近に考えるよい機会となりました。

午後からは各分科会に分かれて、職員や組合員さんの発表がありました。
それぞれの取り組みを知れて、よい機会となりました(^-^)/
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント